食生活に気を配ろう

看護師という職業は交替制やシフト制の勤務形態によって、どうしても体のリズムが崩れてしまいがちです。そのために、食生活も乱れてしまいやすい傾向にあります。若いうちはまだよくても、そのような生活を続けていると、いずれダメージが蓄積していってしまうようです。
なるべく健康的に日々の業務をこなしていくためにもっとも効果的な要素が、睡眠を十分にとることと食生活を改善することです。この2点を意識するだけで、体への負担はまったく違ったものとなります。しかし、案外その当たり前のことが疎かになってしまうので注意が必要です。特に、食生活については「疲れていて食欲があまりない」「お腹が膨れると逆に具合が悪くなりそう」などの理由でごまかしてしまったり、食べる時間も不規則になってしまいやすくなります。しかし、人間にとっての食事は車にとってのガソリンと同じ役割なので、それが十分でなければ活発に動くこともできなくなるのです。
対策として、サプリメントや栄養ドリンク・バナナなど、栄養価が高く摂取しやすいものを常に携帯しておきましょう。そして、食欲がないときにでも決まった時間に必ず栄養補給を欠かさないように努めることです。人間は、「クセ」を付けることによって驚くほど適応することができます。そのため、最初は億劫だったり食べたくなかったりしても、少しずつ続けることによって必ず習慣化することができ苦ではなくなるのです。体力や健康維持は看護師にとって欠かせないので、栄養補給の方法を工夫しながら留意してみましょう。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です