病院で忙殺される食生活事情

看護師の勤め先には病院や診療所・老人ホームや一般企業など、さまざまなところがあります。その中でも、仕事に忙殺されてしまいがちなのが病院に勤めている場合です。
世間で看護師不足が嘆かれているのが、現場においては切実に影響しており、日常的な業務だけでも息つくまもなく働き続けなければならないような現場すら存在しています。看護師は医療スタッフの中でも患者に最も近い位置にいることから、よく医師にできないような質問をしたり、話し相手になってもらおうと声をかけたりする患者もいるようです。そういったときにも優しく対応していかなければならないので、自然と時間がなくなっていってしまいがちとなります。そのしわ寄せが来るのが食事の時間であり、昼食を食べる時間がなかったという日が続いてしまうような忙しい現場もあるようです。せめてエネルギーだけでもとろうとお菓子を携えてきて、ちょっとした息抜きのときに食べて昼食代わりにして済ませてしまうという人も珍しくはありません。カンファレンスがあれば早朝に来なければならないため、朝食も軽く済ませることにせざるを得ない場合もあります。夜は夜で疲れ果ててしまって、夕食を食べる元気がないという人もいます。
そういった多忙さによって食生活が乱れがちになってしまうのが、病院勤務を選んだ人たちに見られる状況です。待遇の改善や増員によってこういった忙しさは緩和されつつあるものの、体力のある若い看護師たちはこういった食生活を選んでしまいがちな傾向があります。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です