看護師の食生活は乱れがち

看護師は、日勤そして夜勤をこなすハードな仕事です。昼間寝ていたかと思えば夜起きて働かなければならなかったり、一体いつ起きて働きいつ食べているのでしょうか。
看護師は体力を使う仕事なので、意外と食欲旺盛という人は少なくありません。また、看護師は医学的な知識があるので、どのような食べ物が体に良くてどのようなものが体に悪いのかというのを、十分周知しています。また、コレステロールのことなどを考えると、取らない方がいい食事など知っているはずです。しかし、意外にも体に悪い食べ物を好む人もいます。なぜなら、忙しい仕事の合間をぬって、食べるということが唯一のストレス発散方法にもなっていることがあるからです。まさに、医者の不養生というのと同じといえます。そして、生死にかかわる精神的ストレスの多い仕事をこなした後、自分へのご褒美的な感覚でスナック菓子やスイーツなどを購入して楽しむ人も多いようです。まさに、その食生活が忙しさを映し出しているといっても過言ではありません。勤務の間にも、忙しい病棟であれば、今日はいつ休憩を取ることができるだろうかと考えることもあります。そのため、ほんの少しの休憩時間で、とりあえずパワーが出る食べ物・お腹が満たされるものを詰め込んでしまうのです。
体重の変化や肌の変化で、今の食生活が乱れているなと自然にわかる人も多くいます。そのような時でもすぐに修正できるのが、自己管理能力の高い看護師だからできるのでしょう。食生活は乱れがちですが、本当は整えたいと思っている看護師が多い現状です。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です